HOME > 「ニッキン」最新号から > 営業店 > 2018年6月15日号20面 岩手銀行大船渡支店、事業性評価通じ復興支援

2018年6月15日号20面 岩手銀行大船渡支店、事業性評価通じ復興支援

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 貸出金・23億円増の198億円、短期継続・承継ニーズ探る
 【仙台】岩手銀行大船渡支店(佐々木孝志支店長=行員18人うち女性8人。パート7人)は、東日本大震災からの復興需要も取り込み、中小事業者向け融資を伸ばしている。企業の将来性や課題を探る「事業性理解(事業性評価)」の活動で得たニーズに、事業承継対策や短期継続型融資の提案で対応。2018年3月末の貸出金残高は198億7400万円と、前年同月末比23億3400万円(13.3%)増となった。
 地盤の岩手県大船渡市は、東日本大震災の…

【写真】新たな街の中心エリア「キャッセン大船渡」の運営会社を訪ねる鈴木拓也支店長代理(左、5月17日)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事