HOME > 「ニッキン」最新号から > 社会 > 2021年5月14日号11面 特集 【ニュースを追う】北部九州27機関、次なるパンデミックへの備え

2021年5月14日号11面 特集 【ニュースを追う】北部九州27機関、次なるパンデミックへの備え

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
緊急事態宣言の対象地域に追加が決まった翌日のJR博多駅前(5月8日)

 非対面・分散が加速
 【福岡】政府は、5月7日に4都府県(東京・大阪・京都・兵庫)への3回目の「緊急事態宣言」の期間延長を発表。愛知県と福岡県も追加した。「2020年度は新型コロナに振り回された1年だった」(柴戸隆成・ふくおかフィナンシャルグループ社長)と言うように、緊急事態宣言の対象地域に関係なく、感染症との闘いは長期化し現在も続いている。1年が経過してコロナ禍の営業体制がどうなっているか、業務継続計画(BCP)など、北部九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分の5県)の41金融機関に、「次なるパンデミックへの備え」を聞き、27機関から回答を得た。

 【写真】緊急事態宣言の対象地域に追加が決まった翌日のJR博多駅前(5月8日)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事