HOME > 「ニッキン」最新号から > 社会 > 2021年7月2日号19面 四国銀行・高知銀行、地震・津波に備える、訓練や防災講習を徹底

2021年7月2日号19面 四国銀行・高知銀行、地震・津波に備える、訓練や防災講習を徹底

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
店舗2階部分を案内する市川普久・四国銀行旭支店長。軽油で稼動する自家発電装置を設置している(四国銀行旭支店2階)

 【高松】30年以内に70~80%の確率で発生するとされる南海トラフ巨大地震。高知県内では最大30メートル超の津波が想定される地域もある。被害を最小限にとどめる事業継続計画(BCP)を明確にすることが金融機関の喫緊の課題になっている。地震・津波など自然災害への備えについて四国銀行と高知銀行の取り組みを取材した。

 ■新築店舗の設備拡充
 高知市中心街の西部に位置する四国銀旭支店は、本店、事務センター(南国市)とともに災害対策本部を設置できる能力を備える。同店は2018年に新築。店舗2階部分に専用スペースを確保し…

 【写真】店舗2階部分を案内する市川普久・四国銀行旭支店長。軽油で稼動する自家発電装置を設置している(四国銀行旭支店2階)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事