HOME > 「ニッキン」最新号から > ニッキン抄 > ニッキン抄 2020.7.10

ニッキン抄 2020.7.10

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歌舞伎役者の化粧法「隈取(くまどり)」は、色によって意味が異なる。青や藍色系は不気味さを表し、悪人のメイクに使われる。茶系は妖怪や魔物を表す。7月4日未明、熊本県の一級河川・球磨川が魔物に豹変(ひょうへん)し、次々と街を飲み込んだ▼多数の尊い命が犠牲になった。人吉市内の金融機関店舗でも、浸水などの被害がでた。恐れていたコロナ禍での大規模自然災害である。避難所はもちろん、復旧作業にも感染リスクがつきまとう▼思い起こせば、2年前の西日本豪雨、3年前の九州北部豪雨もこの時期だった。誰もが、少なからず警戒していたはずである。それをあざ笑うかのように凶暴さを増した雨雲が、広範囲に列島を覆った。地震や豪雨の傷が癒えかけた地域を避ける情けも見せずに▼歌舞伎の隈取は、青や茶より、正義の味方や勇気を表す赤系が多い。金融機関に、いずれがふさわしいかは書くまでもあるまい。困難に立ち向かう取引先は増えた。それを支えるのが役柄である。2020.7.10


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事