HOME > 「ニッキン」最新号から > 融資 > 2021年7月30日号1面 金融界 「ゼロゼロ」出口に挑む(上) “資金繰り”から“価値創造”へ

2021年7月30日号1面 金融界 「ゼロゼロ」出口に挑む(上) “資金繰り”から“価値創造”へ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
巣鴨信金の谷口さん(右)に季節の花を説明する堀野さん。産地や品種にこだわる(7月16日、ジフィー)

 官民で合計40兆円を超えた実質無利子・無担保(ゼロゼロ)融資。コロナ禍の金融機関はリーマン危機を上回る勢いで貸出を増やし、企業の資金繰りを支えてきた。取引がない金融機関に駆け込み、新たな伴走パートナーを得た経営者も多い。ただ、事業は資金が底を突けば行き詰まり、膨らんだ債務はさらなる調達の壁になる。倒産を回避しながら、成長につながる価値創造へ導けるか。「ゼロゼロ」の出口に挑む局面が訪れている。

 ■コロナ禍が結んだ縁
 「借り入れが間に合わない」――。2020年11月。東京都台東区、西日暮里駅から徒歩約5分の商店街「よみせ通り」。日比谷花壇から独立・開業した花とワインの店「ジフィー」の堀野優里さん(37)は焦っていた。
 コロナ禍でレストランの需要が激減。口座を持つ都市銀行にゼロゼロ融資を申し込んだが…

【写真】巣鴨信金の谷口さん(右)に季節の花を説明する堀野さん。産地や品種にこだわる(7月16日、ジフィー)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事