HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2020年9月25日号1面 サステナビリティを問う 第3部 変革に挑む(8)コロナ禍で見えた成長の芽

2020年9月25日号1面 サステナビリティを問う 第3部 変革に挑む(8)コロナ禍で見えた成長の芽

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
滋賀銀行と関西みらい銀行が行員を派遣する「しがハブ」。官民で社会課題の解決につながるビジネス創出を目指す(9月9日、大津市)

 欠かせぬ顧客支援力
 突如として世界を襲った新型コロナウイルス。いまだ人々の行動を制限し、社会経済活動に暗い影を落とす。金融機関は、取引先を支える使命を再認識し、資金繰り支援に全力を挙げてきた。ただ、現状は“止血”段階。危機を克服し、持続可能な社会を実現するため、担うべき役割は大きい。そこに金融機関自らの“成長の芽”もある。
 政府がコロナ対策で行う官民による実質無利子・無担保融資は、8月末までに約25兆円(融資決定分)に達した。5月から始まった民間金融機関が約半分を占め…

【写真】滋賀銀行と関西みらい銀行が行員を派遣する「しがハブ」。官民で社会課題の解決につながるビジネス創出を目指す(9月9日、大津市)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事