HOME > 「ニッキン」最新号から > 営業店 > 2019年9月27日号20面 広島銀行尾道栗原支店、貸出メモで法人取引拡充、若手が業績けん引

2019年9月27日号20面 広島銀行尾道栗原支店、貸出メモで法人取引拡充、若手が業績けん引

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9期連続表彰めざす
 【広島】広島銀行尾道栗原支店(柳瀬正治支店長=行員22人うち女性13人。嘱託・スタッフ7人)は、支店行員の平均年齢36歳という若さを推進力にし、付加価値のある提案活動で成果をあげている。法人取引拡充では貸出案件メモを活用して情報を共有。2019年4~7月末に預金13億円、貸出金は3億円増加。9期連続表彰を目指す。
 柳瀬正治支店長は「お客さまの役に立てることを考え、実践していくことで地域でのプレゼンスを示していくこと」を支店経営方針に掲げた…

 【写真】取引先企業の財務分析について指導する柳瀬正治支店長(右、9月6日)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事