HOME > 「ニッキン」最新号から > 営業店 > 2021年4月30日号20面 ワンチーム 預かり資産営業、みなと銀行垂水支店

2021年4月30日号20面 ワンチーム 預かり資産営業、みなと銀行垂水支店

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小林宏州支店長(奥)は、推進方法や課題解決などを担当者同士で協議し、ボトムアップで提案してもらう(4月16日)

 最適提案へ保有資産把握、投信販売32億円・目標の2倍
 【大阪】みなと銀行垂水支店(小林宏州支店長=社員25人うち女性12人。パート9人)は、個人層が多いエリアの特性から、預かり資産営業に注力する。最適な投資提案のため顧客の金融資産の保有状況を把握し、支店独自に推進商品を設定するなど取引拡大に取り組んだ。2020年度の投資信託販売額は19年度比3倍の32億6200万円と、目標の2倍に達した。
 2020年4月に着任した小林宏州支店長は、個人取引の比重が高い同店の強みを生かすため…

 【写真】小林宏州支店長(奥)は、推進方法や課題解決などを担当者同士で協議し、ボトムアップで提案してもらう(4月16日)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事