HOME > 「ニッキン」最新号から > 社会 > 2021年2月19日号19面 福島・宮城地震、店舗やATMに影響、2店舗が臨時休業

2021年2月19日号19面 福島・宮城地震、店舗やATMに影響、2店舗が臨時休業

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
空調設備から漏れ出した冷却用の水を処理する福島信金の職員(2月14日、福島信金梁川支店)

 【仙台】2月13日23時8分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生。最大震度6強を観測した福島、宮城両県では断水や土砂崩れなどの被害が出た。金融機関店舗では福島信用金庫梁川支店で漏電、相双五城信用組合新地支店が建物の損壊により臨時休業を余儀なくされた。
 福島信金梁川支店(福島県伊達市)では、2階会議室の天井に埋め込まれていた水冷式の空調設備が地震の衝撃で落下。冷却用の水が…

 【写真】空調設備から漏れ出した冷却用の水を処理する福島信金の職員(2月14日、福島信金梁川支店)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事