HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2020年7月24日号18面 金融労組界・新年度スタート、コロナで活動のあり方を再考

2020年7月24日号18面 金融労組界・新年度スタート、コロナで活動のあり方を再考

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 交渉に影響、下期から
 金融労組界は、7~10月に上部団体や労組が定期大会を相次ぎ開き、新たな組合年度をスタートする。対面を重視する労組は新型コロナウイルスの影響で活動の制限を余儀なくされ、組合活動のあり方の検討を進める。2021年春の賃上げ交渉は、新型コロナのマイナス面の影響を直に受けることは避けられない。経済要求にとどまらない幅広い要求の組み立てが求められそうだ。
 20年春の労使交渉では、三菱UFJ銀行従業員組合が、…


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事