HOME > 「ニッキン」最新号から > 経営 > 2021年1月15日号16面 特集 【読者の意見】日銀の特別当座預金制度、7割が「経営判断に影響」

2021年1月15日号16面 特集 【読者の意見】日銀の特別当座預金制度、7割が「経営判断に影響」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別当座預金制度の導入を決めた日銀の黒田東彦総裁(2020年12月18日、日銀本店)

 再編加速効果は疑問視
 日本銀行が導入する、経費削減や経営統合に取り組んだ金融機関の当座預金に0.1%を付利する特別当座預金制度。アンケート回答者の約7割が、金融機関の経営判断に多少なりとも「影響する」とみる。一方、「金融再編を加速させる」という回答者は約2割にとどまった。

 【写真】特別当座預金制度の導入を決めた日銀の黒田東彦総裁(2020年12月18日、日銀本店)


ニッキンのお申し込み

ご購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事