2021年7月26日号

ニッキンレポート2021年7月26日号(毎週月曜日発行)

決算分析

業種別貸出金残高・構成比
(全国銀行 2021年3月末)


110行合計、業種別の増加率首位は「建設業」の15.4%
「製造業」の構成比、0.6p上昇し12.0%

 全国銀行110行(都銀5行、信託銀3行、地銀62行、第二地銀38行、新生銀行、あおぞら銀行)の2021年3月末における、業種別貸出金残高と構成比を集計した(有価証券報告書、決算短信から作成。国内店分で原則、連結ベース)。
 <残高・増加率>
 110行の国内店分貸出金残高合計は532 兆1,462 億円で、前年同月末比24 兆6,231 億円(4.8%)増加した。掲載した9業種のうち最も残高が多い業種は個人向けを含む「その他」で2兆1,035億円(1.3%)増の164兆5,248億円。国内店分貸出金残高の30.9%を占める。続いて「不動産業・物品賃貸業」(以下、不動産業等)が3兆6,384億円(3.9%)増の95兆8,625億円、「製造業」が5兆9,981億円(10.2%)増の64兆2,726億円。前年同月末比の増加率が高い業種は「建設業」の15.4%。続いて、「鉱業・採石業・砂利採集業」が14.4%、「各種サービス業」が11.1%。

主な掲載項目:【残高】製造業・建設業・運輸業/郵便業・卸売/小売業・金融/保険業・不動産業/物品賃貸業・各種サービス業・地公体等・その他・国内店分貸出金、それぞれの残高・20/3比(単位:百万円)、
【残高構成比】製造業・建設業・運輸業/郵便業・卸売/小売業・金融/保険業・不動産業/物品賃貸業・各種サービス業・地公体等・その他、それぞれの構成比・20/3比(単位:%、ポイント)

貸出金増加率が高い上位10業種(全国銀行)

経営情報

SDGs私募債の受託状況(1)
(地域銀行(1) 2021年4~6月末)
「医療従事者応援」の取り扱いも広がる
寄付先は医師会・病院、学校・自治体などへ
金融機関店舗の開設・廃止状況 (2021年6月)

保険情報

『ヒトの輪』
2020年度の業界決算状況について
日本少額短期保険協会
大槻正志 事務局長
保険窓販情報 七十七銀行、足利銀行、
T&Dフィナンシャル生命保険・名古屋銀行、
ライフネット生命保険、セゾン自動車火災保険

展望

DX成功にはトップのコミットメント不可欠

ニッキンレポートのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX番号 03-3262-2838またはお近くの支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • ニッキンアプリ

 

  • ニッキンプラザ新

 

ニッキンバックナンバー
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。