2020年5月25日号

ニッキンレポート2020年5月25日号(毎週月曜日発行)

決算分析

2020年3月期決算概況(1)
(大手行など)


主要金融5社合計の純利益は▲2.3%の1兆9,960億円
SMFGの純利益、227億円減の7,038億円で首位

<主要金融5社>
 主要金融5社(みずほFG、三菱UFJFG、三井住友(SM)FG、りそなHD、三井住友トラストHD)の2020年3月期連結決算は、親会社株主に帰属する当期純利益(以下純利益)の合計が1兆9,960億円で前年同期比489 億円(▲2.3%)減少した。合計が減益となったのは2019年3月期に続いて2期連続。純利益が減益となった会社数は前期今期ともに4社。増益は19年3月期が三井住友THD、20年3月期はみずほFGのみ。
 役務取引等利益の合計は、531億円(1.5%)増の3兆5,070億円。前年同期比で増益は3社。与信関係費用の合計は4,921億円増の6,321億円。前期に続き5社が計上した。前年同期比の増加額も全5社で増加した(19年3月期はMUFGのみ減少)。その他有価証券の評価損益の合計は1兆7,288億円(▲20.1%)減の6兆8,610億円。19年3月期に続き、全5社が計上額を減らした。
 総自己資本比率と普通株式等TierⅠ比率は、国際統一基準を採用する4社のうち上昇したのは三井住友THDのみで、他の4社は低下した。

主要金融5社合計の2020年3月期決算(連結)

保険情報

生損保窓販手数料収入と終身保険の販売実績
(地域銀など、大手信金 2019年度下期)
外貨建一時払終身、販売件数▲31.4%の10万件
福岡銀行、平準払終身の販売2,900件で地銀トップ 
医療・がん保険販売実績
(地域銀など、大手信金 2019年度下期)
西日本シティ銀行、がん保険で地銀最多1,470件販売
医療、前年同期比▲12.1%、がん▲4.0%共に低調
第283回『ヒトの輪』
未曽有の災害からのリスクマネジメント
東京海上日動火災保険 金融営業推進部
野口剛 課長代理
保険窓販情報 福島銀行、高知銀行、多摩信用金庫、
T&Dフィナンシャル生命保険・百十四銀行、
損害保険ジャパン

経営情報

信用保証協会別の保証実績 2020年3月末
業態別の信用保証実績 2020年3月末

展望

新型コロナウイルスへの対応と企業経営

ニッキンレポートのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX番号 03-3262-2838またはお近くの支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。