2020年8月17日号

ニッキンレポート2020年8月17日号(毎週月曜日発行)

決算分析

全国255信金の決算概況
(2020年3月期)


投信解約損益除くコア業純は合計3,011億円
西武信用金庫、コア業純トップの156億円

 全国の信金を対象に「2020年3月期・協同組織金融機関統一決算調査」を7月に行った。アンケート回答やディスクロージャー誌に基づき、255信金の決算概況をまとめた。信金数は19年6月の島田掛川信金(島田信金と掛川信金が合併)、同年7月しずおか焼津信金(しずおか信金と焼津信金が合併)、20年1月宮崎第一信金(宮崎都城信金と南郷信金が合併)、同年2月備前日生信金(日生信金と備前信金)の発足により、前期(2019年3月期)より4信金減少している。
1.収益の状況
 255信金合計の経常収益は、2兆484億円(前年同期比150億円増、+7.3%)、経常利益は2,862億円(同318億円減、▲9.9%)、当期純利益は、2,010億円(同312億円減、▲13.4%)となった。経常収益は、対前年同期比では連続して減少していたのが、20年3月期は反転し、経常収益の下げ止まりを確認できた。一方、当期純利益は、2016年3月期以降5期連続して対前年同期比で減少となっている。

2020年3月期当期純利益 上位10信金
有価証券の種類別残高・構成比
(全国銀行 2020年3月末)
112行合計の40.7%が「その他」(投信・外国証券など)
みちのく銀行、「国債」残高▲100%、構成比0%に

保険情報

『ヒトの輪』
住宅を取り巻く水害リスクへの備え
東京海上日動火災保険 個人商品業務部 火災グループ
染矢磨利佳 氏
保険窓販情報 山陰合同銀行、静岡銀行、佐賀銀行、静岡中央銀行、
SOMPOひまわり生命保険、SBI損害保険

経営情報

信金・信組の定積契約高比率ランキング (2020年6月末)

展望

コロナ禍が炙り出す日本の統治体制の限界

ニッキンレポートのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX番号 03-3262-2838またはお近くの支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。