2018年9月17日号

ニッキンレポート2018年9月17日号(毎週月曜日発行)

決算分析

全国148信組の決算概況
(2018年3月期)
合計の純利益は前期比+2.2%の479億円
大阪協栄信用組合、個別トップの純利益72億円

 全国148信組(うち業域27信組・職域16信組)を対象に「2018年3月期・協同組織金融機関統一決算調査」を7月に行った。そのアンケート回答やディスクロージャー誌に基づき、148信組の決算概況をまとめた。信組数は17年9月の甲子信組の解散、17年11月に横浜幸銀信組と信用組合岡山商銀が合併、18年1月に西海みずき信組(長崎県民信組と佐世保中央信組が合併)が発足したことにより、前期(2017年3月期)より3信組減少している。

信組の個人ローン残高
(2018年3月末)
個人ローンは前期末比+1.4%の333億円増加
都留信用組合、消費者ローン増加額トップ64億円増

役務取引等収益の内訳・構成比
(全国銀行 2018年3月期)
栃木銀行、地域銀の役務収益増加率28.2%でトップ
全国銀行の経常収益に占める比率は20.4%で▲0.5p

業種別リスク管理債権残高・比率
(全国銀行 2018年3月末)
「製造業」は84行合計で▲25.6%と減少率は最大
スルガ銀行の「その他」向け、2.1%と3.5倍に上昇

農協の県別貯貸金残高
(2018年6月末)



経営情報

地域銀行の新経営計画③
山中壽一氏・未来塾主宰
みちのく銀行、東京きらぼしフィナンシャルグループ、京葉銀行、中京銀行




保険情報

第199回『ヒトの輪』

コネクテッドカーと自動車保険
東京海上日動火災保険・奥村圭亮氏


保険窓販情報

北越銀行、福岡銀行、沖縄銀行、長野銀行、
沖縄海邦銀行、しまね信用金庫、ひまわり生命保険

展望

日本銀行は国民生活を重視した政策を展開せよ

ニッキンレポートのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX番号 03-3262-2838またはお近くの支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。