2018年10月29日号

ニッキンレポート2018年10月29日号(毎週月曜日発行)

決算分析

貸出金の残存期間別残高・構成比
(全国銀行  2018年3月末)

地銀、第二地銀は全期間で残高が増加
第二地銀の1年以下が6.7%増と6.6p拡大

 全国銀行115行合計(都銀5行、信託銀3行、地銀64行、第二地銀41行、新生銀、あおぞら銀)の2018年3月末における残存期間別貸出金残高をまとめた(単体ベース。ディスクロージャー誌より作成)。
 合計残高は557兆5,189億円で前年同月末比6兆5,887億円(1.2%)増加。増加率は1.3ポイント(p)低下した。最も残高が多いのは、「7年超」の185 兆6,226 億円で同6兆7,919 億円(3.8%)増。次いで「1年以下」の121兆8,345億円で同1兆7,883億円(1.4%)増。以下、「1年超3年以下」の90兆3,630億円で同3,167億円(▲0.3%)減、「3年超5年以下」の75兆3,702億円で同2兆6,370億円(▲3.3%)減、「5年超7年以下」の43 兆2,817 億円で同7,390億円(1.7%)増と続く。増減率を前年と比較すると、「1年以下」以外は増加率が縮小または減少に転じた(グラフ1)。

金融機関店舗の開設・廃止状況
(2018年9月)

経営情報

住宅ローン団信
大手行等・地銀・第二地銀(2018 年10 月調査)
取扱トップは「8大疾病保障」と「がん保障特約」の7件
団信キャンペーンや取扱開始など73 行の101 件を調査
金融機関の合併・統合
(2018 年度下期以降)
合併19件(うち農協9件)、経営統合3件、新設1件
ふくおかFGと十八銀行、2019年4月に経営統合へ

保険情報

第205回『ヒトの輪』
ライフプランニングの導入による銀行店舗チャネルの変革
富樫直記・OWG日本代表
保険窓販情報 福岡銀行・親和銀行・熊本銀行、愛媛銀行、
桑名信用金庫、チューリッヒ生命保険、福井銀行、SBI生命保険、
損保ジャパン日本興亜、LINE Financial
保険窓販商品の新規取扱状況
(2018年9月)

展望

LIBORがなくなる

ニッキンレポートのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX番号 03-3262-2838またはお近くの支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。