2022年5月9日号

ニッキンレポート2022年5月9日号(毎週月曜日発行)

経営情報

国債など公共債の預かり資産残高
(地域銀など、大手信金・信組 2022年3月末)


個人向け国債残高、地銀▲5.4%、第二地銀横ばい
信金4.2%増、大和信用金庫が261.3%増で全国1位

 地域銀、大手信金・信組等を対象に2022年3月末時点の個人向け国債、および国債を含めた公共債の預かり資産残高を調査した。22年4月25日までに回答のあった合計187機関(地銀59行、第二地銀34行、大手81信金、大手12信組、1信託銀)の概要をまとめた。
 業態別では、地銀の個人向け国債預かり資産残高は合計1兆4,716億円(21年3月末比836億円減、▲5.4%)と減少。第二地銀は2,534億円(同19億円増、+0.8%)でほぼ横ばい。大手信金は5,155億円(同208億円増、+4.2%)と増加し、3業態でバラツキが見られた。

主な掲載項目:個人向け国債預かり資産残高、国債など公共債預かり資産合計、計上時点(単位:百万円)

個人向け国債預かり資産増加率 上位機関(2022/3)
地域銀行の新経営計画概要
(2022年度スタート分)
コンサル強化、DX推進、地域活性化が課題に
女性管理職比率目標、めぶきFGは35%以上に
金融機関店舗の開設・廃止状況
(2021年度)
開設70カ店中、インターネットが72.8%占める
楽天銀行は24カ店、auじぶん銀行は5カ店新設

決算分析

当座貸越、コミットメントラインの融資未実行残高
(全国銀行 2021年9月末)
未実行額は109行合計で貸出金合計の56.6%に
都銀合計の融資未実行比率は0.3p低下92.3%
主な掲載項目:融資未実行残高(A)・うち原契約期間が1年以内または任意の時期に無条件で取り消し可能なもの(B)・貸出金残高(C)(単位:百万円、%、ポイント)

保険情報

『ヒトの輪』
金融と対話
金融経営研究所
山口省蔵 所長 
保険窓販情報 大垣共立銀行、長野銀行、愛媛銀行、
メットライフ生命保険、日本生命保険 

展望

日本銀行はいかに金融引き締めを行うか

ニッキンレポートのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX番号 03-3262-2838またはお近くの支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。