2019年3月4日号

ニッキンレポート2019年3月4日号(毎週月曜日発行)

決算分析

2018年4~12月期決算概況③
(第二地銀)

40行合計の純利益は1,016億円、前年比▲23.9%
豊和銀行は94.4%増とほぼ2倍に

 第二地方銀行で連結決算を発表している27行・グループ(G)の2018年4~12月期は、経常収益の合計が6,978億円で前年同期比226億円(▲3.1%)減、経常利益は1,075億円で同282億円(▲20.8%)減。四半期純利益は764億円で221億円(▲22.4%)減少し、前年の▲15.6%を超える大幅な減益決算となった(表3)。19年3月期通期目標(856億円)に対する進捗率は、目標を公表していない東京スター銀を除く26行・Gベースで82.4%だった。神奈川銀の219.3%など7行が100%を超えた一方、2行が50%に満たなかった。

決算説明会報告③
(2018年9月中間期)
未来塾主宰・山中 壽一氏
池田泉州ホールディングス、十六銀行
西日本フィナンシャルホールディングス、百五銀行、中国銀行

経営情報

金融機関のAI活用事例(1)
大手行等・証券・保険・事業会社 (2019 年1月調査)
八十二銀行、コールセンターの音声データで資料を自動発送へ
「SBI AIファンド」に56地域金融機関出資、総額600億円
株主優待・優遇制度の状況
(全国銀行 2019年2月調査)
円定期1年、鳥取銀行・伊予銀行+0.5%が最大
円定期特別金利23社、特産品など21社

保険情報

第222回『ヒトの輪』
今後の少額短期保険業界に求められること
日本少額短期保険協会
藤井竜太・副会長
保険窓販情報 みちのく銀行、山梨中央銀行、山口銀行、
福岡銀行・親和銀行・熊本銀行、
愛媛銀行、SBI生命保険、協栄信用組合、
ニッセイ・ウェルス生命保険

展望

政治の劣化が招く経済の混乱
英国は戦略転換の大英断を

ニッキンレポートのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX番号 03-3262-2838またはお近くの支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • ニッキンアプリ

 

  • ニッキンプラザ新

 

ニッキンバックナンバー
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。