2019年5月13日号

ニッキンレポート2019年5月13日号(毎週月曜日発行)

経営情報

個人向け国債販売実績
(地域銀など、大手信金・信組 2018年度下期)

中国銀行、3商品合計で最多169億円販売
第二地銀は京葉銀行が38億円で業態トップ

 地銀、固定3年ものが前年同期比▲45%、627億円減
 地域銀、大手信金(2018年1 月末預金残高5,000億円以上)、大手信組(同3,000億円以上)等を対象に、18年度下期の個人向け国債の販売状況を調査した。回答のあった地銀62行、第二地銀37行、大手79信金、大手11信組、三井住友信託銀の合計190機関について販売額・販売件数をまとめた(詳細は、6頁~23頁)。なお、今回調査対象の国債は、18年11月から19年4月にかけて発行された個人向け国債(変動10年もの=103回~108回、固定5年もの=91回~96回、変動3年もの=101回~106回)となっている。
 調査対象期間中の個人向け国債3商品を合計した発行総額は2兆4,334億円(17年度下期比4,329億円増、+21.6%)。商品別に、変動10年ものが2 兆1,192 億円( 同5,003 億円増、+30.9%)の大幅増となった。初回利率は、2018年11、12月発行分の0.09%をのぞき、すべて0.05%となっている。固定5年ものの発行額は、1,128億円(同195億円増、+20.9%)。利率はすべての発行分で0.05%。固定3年ものの発行額は、2,014億円(同869億円減、▲30.1%)となった。こちらもすべての発行分で利率は0.05%だった。

個人向け国債合計の業態別販売額上位
地域銀行の新経営計画概要
(2019年度スタート分)
滋賀銀行、23年度の90周年に向け期間5年で展開
秋田銀行、岩手銀行、長野銀行、M&A・承継支援先数に目標
信金・信組の定積契約高比率ランキング (2019年3月末)
住宅ローン金利 (2019年5月)
コール・NCDレート推移 (2019年4月)
 

保険情報

第231回『ヒトの輪』
ミドル世代が健康を維持する秘訣
第一生命経済研究所 調査研究本部
北村安樹子 上席主任研究員
保険窓販情報 三菱UFJ銀行、三重銀行、
ニッセイ・ウェルス生命保険、
フコクしんらい生命保険・桐生信用金庫・広島信用金庫、
ネオファースト生命保険・静岡銀行、オリックス生命保険

展望

EUによる中国戦略の転換

ニッキンレポートのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX番号 03-3262-2838またはお近くの支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • ニッキンアプリ

 

  • ニッキンプラザ新

 

ニッキンバックナンバー
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。