2019年6月3日号

ニッキンレポート2019年6月3日号(毎週月曜日発行)

決算分析

2019年3月期決算概況(2)
(地銀)

京都銀行、当期純利益が63%増で増加率トップに
与信関連費用は18行増の57行で計上

 <単体>
 地方銀行の2019年3月期決算(単体ベース)で64行合計の当期純利益は6,223億円。前期比で1,665億円(▲22.0%)減となった。減益は3期連続となった。
 個別にみると、スルガ銀を除く63行が、経常利益、当期純利益ともに黒字を確保した。経常利益は18行が増益だが前期比15行減少、当期純利益は21行が増益だが8行減少した。当期純利益の増加率が最も高かったのは京都銀で63.5%増(表紙表)。資金利益、役務取引等利益は前期を下回るが、株式等関係損益が222億円増の242億円と大幅に増加した。続いて足利銀の46.5%増。資金利益と役務取引等利益が増加したほか、子会社から受取配当金(120億円)が純利益を押し上げた。国債等債券損益が大幅に増加した北海道銀の33.3%増が続く。減少率が最も大きかったのはスルガ銀の▲1957.4%。貸出金利息の減少とシェアハウス関連融資等にかかる与信関連費用が増加した。続いて佐賀銀が▲79.1%。国内資金利益が101 億円減の229 億円になった。みちのく銀の▲75.7 % は有価証券利息配当金が33億円減の33億円と半減したため。

地銀の当期純利益増加率上位10行(2019年3月期)
 

保険情報

長期火災保険の販売状況
(地域銀など、大手信金 2018年度下期)
「THEすまいの保険」、販売合計1万件超
横浜銀行1,694件、北洋銀行684件、岡崎信用金庫367件で業態首位
第234回『ヒトの輪』
協会長の5年間を振り返って
日本少額短期保険協会
杉本尚士 会長
保険窓販情報 大垣共立銀行、仙台銀行、
楽天銀行・楽天損害保険、多摩信用金庫、
住友生命保険、ひまわり生命保険・電通

経営情報

採用メッセージと募集要項
全国銀行 (2019 年5月調査)
大垣共立銀行、「脱・銀行~未来戦略~」掲げる
勤務時間の最短はオリックス銀行の7時間
信用保証協会別の保証実績  2019年3月末

展望

新時代の経済の好循環形成には「貧者サイクル」からの脱却や強い産業の競争力の維持・拡大が不可欠

ニッキンレポートのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX番号 03-3262-2838またはお近くの支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • ニッキンアプリ

 

  • ニッキンプラザ新

 

ニッキンバックナンバー
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。