2019年5月27日号

ニッキンレポート2019年5月27日号(毎週月曜日発行)

決算分析

2019年3月期決算概況(1)
(大手行など)

主要金融5社合計の純利益は24%減の2兆449億円
みずほFGの純利益、83.2%減の965億円

<主要金融5社>
 主要金融5社(みずほFG、三菱UFJFG、三井住友(SM)FG、りそなHD、三井住友トラストHD)の2019年3月期連結決算は、親会社株主に帰属する当期純利益(以下純利益)の合計が2兆449億円で前年同期比6,458億円(24%)減少した。合計が減益となったのは2017年3月期以来2期ぶり。純利益が減益となった会社は、18年3月期に1社しかなかったが、19年3月期は4社まで増加した。役務取引等利益の合計は、3兆4,539億円で同135億円(0.39%)減。減益は2社から4社に増加した。前期に2社が費用を計上した与信関係費用は、全5社が計上した。その他有価証券の評価損益も全5社が評価益を減らした。
 総自己資本比率は、国際統一基準を採用する4社のうち3社が上昇した。普通株式等TierI比率も同様だった。また、バーゼルⅢ最終化ベースの試算値(みずほFG8.2%、MUFG11.4%、SMFG10.3%、三井住友THD9%台前半)を明らかにした会社もあった。

<単体>都銀5行合計の2019年3月期決算の状況
 

保険情報

個人年金保険販売実績
(地域銀など、大手信金 2018年度下期)
千葉銀行、定額平準払いで最多4,300件販売
岐阜信用金庫、定額一時払い・平準払いで業態トップ
 第233回『ヒトの輪』
トヨタ販売店が本屋さんになった
保険健全化推進機構結心会
上野直昭 会長
 保険窓販情報 みちのく銀行、北陸銀行、
福岡銀行・十八銀行・親和銀行・熊本銀行、
城南信用金庫、マニュライフ生命保険・四国銀行、
アドバンスクリエイト

経営情報

金融機関の債務格付け状況
(2019年4月末)
信金の渉外人員比率ランキング
(2019年3月末)
金融機関の店舗開設・廃止の状況 (2019年4月)

展望

飛鳥IIしんきんリレークルージング

ニッキンレポートのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX番号 03-3262-2838またはお近くの支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • ニッキンアプリ

 

  • ニッキンプラザ新

 

ニッキンバックナンバー
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。