2019年9月30日号

ニッキンレポート2019年9月30日号(毎週月曜日発行)

決算分析

保有国債の残存期間別残高・構成比
 (全国銀行 2019年3月末)

114行合計の42%(26兆7,046億円)が残存期間1年以下
静岡銀行は全額(500億円)が期間1年以下

 全国銀行114行の2019年3月末の保有国債残存期間別残高と構成比をまとめた。
 全体の合計残高は63兆4,430億円と前年同月末比12兆1,022億円(▲16.0%)減少した。6階層に分けた残存期間別で見ると、残高が増加したのは2階層あり、1年以下が2,003億円(0.7%)増の26兆7,046億円と3年連続で増加。10年超は8,964億円(17.0%)増の6兆1,408億円だった。残り4階層は残高が減少しており、1年超3年以下は4兆6,224億円(▲18.8%)減の19兆8,736億円、3 年超5 年以下が5 兆1,145 億円( ▲55.5%)減の4兆981億円、5年超7年以下が2兆1,616億円(▲36.2%)減の3兆8,096億円、7年超10年以下が1兆3,003億円(▲31.5%)減の2兆8,146億円と各階層とも2桁パーセントの減少となった。

地域銀の国債残存期間別残高構成比 上位10行
全国32信農連の決算概況
(2019年3月期)
経常収益0.7%増、当期剰余金▲5.3%の増収減益に
自己資本比率、全32信農連が平均2.3%の大幅低下
営業経費の内訳
(全国銀行 2019年3月期)
89行合計は▲914億円(▲2.5%)減の3兆5,691億円
十六銀行の▲10.2%減が減少率トップ
信組の不良債権の状況
(2019年3月末)
リスク管理債権比率1%以下は大阪貯蓄信用組合など4信組
合計は、前期比▲9.4%、535億円減の5,134億円
 

経営情報

「内部監査の制度化」へ向け活発な議論 実践コーポレートガバナンス研究会
10周年記念シンポジウム開催
金融機関店舗の開設・廃止状況 (2019年8月)

保険情報

第251回『ヒトの輪』
ESG投資と再生可能エネルギー
SBIエナジー
中塚一宏 社長
保険窓販情報
七十七銀行、西日本シティ銀行、三重銀行、
宮崎銀行、沖縄銀行、ネオファースト生命保険

展望

生命寿命・健康寿命そして資産寿命

ニッキンレポートのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX番号 03-3262-2838またはお近くの支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • ニッキンアプリ

 

  • ニッキンプラザ新

 

ニッキンバックナンバー
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。