2019年3月18日号

ニッキンレポート2019年3月18日号(毎週月曜日発行)

決算分析

中小企業等貸出金残高・比率
(全国銀行 2018年9月末)

中小企業等貸出金残高合計は335兆円で2.2%増
増加率トップは島根銀行の12.4%

 全国銀行114行の2018年9月末における中小企業等貸出金残高(中小企業向けおよび個人向け貸出金の合計。単体ベース)についてまとめた。合計残高は335兆7,135億円で前年同月末比7兆4,466億円(2.2%)増加。増加率は前年(4.0%)の2分の1程度に低下した。
 業態別では、都銀5行合計は123兆3,752億円と3兆2,947億円(2.7%)増加。地銀64行合計は146兆8,894億円で6兆217億円(4.2%)の増加。第二地銀40行合計は40兆56億円で1兆1,313億円(2.9%)増加した。前年同月末比で残高が増加した銀行は、都銀は三井住友銀を除く4行(前年比1行減)、地銀は59行(同3行減)、第二地銀は36行(前年と同数)。合計は102行(同5行減)となった。個別銀行の増加率トップは島根銀の12.4%。次いで、西京銀の11.7%(表)。

与信費用比率
(全国銀行 2018年9月中間期)
114行合計の与信費用比率、5.1bp上昇し▲4.1bp
地銀、第二地銀合計は費用計上に転じる

経営情報

金融機関のAI活用事例(2)
地銀・第二地銀・信金
(2019 年1月調査)
広島銀行、AI融資審査の実証第2弾結果で実用化へ
横浜信金・静清信金、企業マッチングを自動提案
相続定期の取扱状況
(地域銀行 2019年2月調査)
東邦銀行・横浜銀行・鳥取銀行、3カ月もの1.0%で提供
佐賀共栄銀行、積立投信で6カ月店頭金利+0.35%
農協の県別貯金・貸出金残高 (2018年12月末)

保険情報

保険情報 働く人々の学び直しの実態と課題(下) 第一生命経済研究所
的場康子・主席研究員
第224回『ヒトの輪』
宗教法人への保険提案
FWD富士生命保険
田中啓士氏
保険窓販情報 常陽銀行、大東銀行、香川銀行、
第一フロンティア生命保険、碧海信用金庫、
日本生命保険、はなさく生命保険、三井住友海上火災保険、
あいおいニッセイ同和損害保険、ソニー損害保険

展望

リアルデータを考える

ニッキンレポートのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX番号 03-3262-2838またはお近くの支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • ニッキンアプリ

 

  • ニッキンプラザ新

 

ニッキンバックナンバー
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。