2019年11月11日号

ニッキンレポート2019年11月11日号(毎週月曜日発行)

保険情報

生損保窓販手数料収入と終身保険の販売実績
(地域銀など、大手信金 2019年度上期)


静岡銀行、手数料収入33億円で地銀最多
手数料収入計421億円で前年比▲2.5%の10億円減

 一時払い終身、前年同期比▲6.0%、9,000件超減らす
 2019年度上期の生損保窓販実績をアンケート調査し、回答のあった地銀63行、第二地銀39行、大手78信金(2019年7月末預金残高5,000億円以上および販売実績のある信金)、大手信託銀行等3行の合計183機関の生損保窓販手数料収入と終身保険の販売実績をまとめた。

1.生損保手数料収入
 生損保手数料収入の総合計は、421億円(18年度下期比10億円減、▲2.5%)となった。業態別では、地銀合計が299億円(同10億円減、▲3.3%)。第二地銀が69億円(同4億円減、▲6.3%)、大手信金が52億円(同4億円増、+9.0%)と大手信金のみが前年同期比で増加という結果が出た。地銀の生保手数料の合計の推移をグラフにした。2017年度上期・下期の水準までは落ち込んでいないものの、17年度下期以降続いていた上昇傾向が一服したのを確認できる。

地銀の生損保窓販手数料収入上位行(2019年度上期)
第257回『ヒトの輪』
活性化する銀行の取組み

保険健全化推進機構結心会
上野直昭 会長
保険窓販情報 北陸銀行、佐賀銀行、香川銀行、三条信用金庫、
アイリックコーポレーション・京都銀行、
エヌエヌ生命保険
 

経営情報

国債など公共債の預かり資産残高
(地域銀など、大手信金・信組など 2019年9月末)
川崎信用金庫、増加率トップ3.2倍の30億円増
業態別残高首位は中国銀行、北洋銀行、多摩信用金庫
住宅ローン金利 (2019年11月)
コール・NCDレート推移 (2019年10月)
信用保証協会別の保証実績 (2019年9月末)
信金・信組の定積契約高比率ランキング (2019年9月末)

決算分析

全国銀行の業績予想修正
(2020年3月期・第2四半期)

展望

しんきんのヒストリア

ニッキンレポートのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX番号 03-3262-2838またはお近くの支社・局までお送りください。
確認ができました方から順次発送いたします。

※キャンセルにつきましては、お近くの<本社・支社局>まで、ご本人様よりご連絡ください。
> 個人情報保護方針・プライバシーポリシー

  • ニッキンアプリ

 

  • ニッキンプラザ新

 

ニッキンバックナンバー
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!
  • 広告掲載案内
  • 年特
  • ニッキンがWEBで読めます!

お問い合わせ

ニッキンへのお問い合わせは
こちらからご連絡ください。