「ニッキンONLINE」創刊!
 

ニッキン・2020年5月22日号

主な記事

2020年5月22日号1面 再生支援協、資金繰り支援相談急増、新型コロナで3倍に

  • 法令制度政策
  • 融資

 返済猶予へ債権者調整
 全国の中小企業再生支援協議会に持ち込まれる資金繰り相談が急増している。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた中小企業経営者に代わって、既往債務の返済猶予を金融機関に要請する「特例リスケジュール」の取り組みを4月から始めたのが主因。4月の相談件数は、特定リスケがなかった3月の3倍近くに達した。
 特例リスケでは、再生支援協が金融機関に対して…

※中小企業再生支援協議会 産業競争力強化法に基づき、2003年に国が中小企業の事業再生支援を目的に各都道府県に設置した公的機関。会計や法律の専門家や金融機関経験者などが事業や財務上の課題解決へ助言し、必要に応じて再生計画策定の支援を行う。債権放棄などを伴う抜本再生も多く手掛け、複数の金融機関を調整して合意形成するノウハウを豊富に持つ。設置以来、中小企業の相談は4万3千件に達し、1万4千件の支援を完了させた実績がある。

【画像】中小企業庁のHPより

2020年5月22日号11面 特集 【営業店の声】緊急事態宣言下の営業(中)、悩ましい不急の用件

  • 経営
  • 社会
  • 特集

 拒否できず感染不安募る
 コロナ禍でどこにも出かけられず、ふらりと通常営業中の金融機関へ。用件は口座解約、住所変更、大量の硬貨入金――。緊急事態宣言下にもかかわらず、不急と思われる来店が増えた営業店は多い。なかには、マスクを着けない来店客もいる。本紙が営業店行職員へ実施したアンケートから、感染拡大のリスクにおびえる現場が見えた。

 【写真】感染拡大防止策として一部窓口を閉鎖して営業している常陽銀行本店営業部

2020年5月22日号19面 金融界、電解水に関心高まる、除菌効果で導入拡大

  • 社会

 塩を加えた水を電気分解して作られる「電解水(次亜塩素酸水)」。高い洗浄・除菌・脱臭効果があり、安全で人体や環境への影響も少ないといわれる。金融界でも新型コロナウイルスをはじめとした感染症予防へ関心が高まっている。
 電解水は「水」のため活用の幅は広く、その安全性や優位性から厚生労働省が食品添加物殺菌料に指定。6月に施行される…

 【写真】金融機関の営業店などで導入が進む除菌電解水給水器の説明をする中本義範・テックコーポレーション社長(5月8日、テックコーポレーション東京支社)

2020年5月22日号3面 地域銀、与信コスト増大、19年度・過去5年の2.6倍

  • 経営

 今期“リーマン級”も
 地域銀行が融資先の業況悪化に身構えている。2019年度の与信費用は5月15日までに決算を開示した99行(単体)の合計で約3200億円と、過去5年平均の2.6倍となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響が顕在化するのは20年度決算になる見込み。一部の銀行は“リーマン級”も想定している。
 地域銀の与信費用は近年、歴史的低水準で推移してきた。潮目の変化は…

2020年5月22日号2面 終盤国会、独禁法特例法が成立、地域銀行統合へ選択肢拡大

  • 法令制度政策

 100万円超の送金解禁も
 2020年の通常国会が6月17日の会期末まで1カ月を切った。新型コロナウイルス感染拡大を受けた20年度補正予算の審議で金融関連法案は審議が遅れたが、終盤に入り相次ぎ、成立しそうだ。貸出シェアが高くなる地域銀行の合併や経営統合を行いやすくする独占禁止法特例法が成立。フィンテック企業などが銀行や証券会社、保険会社の商品を仲介する資格を一本化する法案も5月19日に審議に入った。
 独禁法特例法は5月19日、参議院の委員会を通過し、翌20日の…

2020年5月22日号3面 大手行、「コロナ関連融資」が急増、三井住友銀は10兆円

  • 融資
  • 取引先支援

 コロナショックで企業の資金需要が高まるなか、大手行で貸出金が急増している。三井住友銀行は5月上旬までに関連融資で10兆円の申し込みを受けた。同行の3月末の貸出残高は約80兆円で、1割を超える水準だ。各行は一時的な自己資本比率低下も織り込み、企業支援に全力を尽くす。
 三菱UFJ銀行は、3月10日~5月8日までに…

2020年5月22日号6面 地域銀行、業績予想開示に苦慮、コロナの影響を見通せず

  • 経営

 八十二銀行など4行「未定」
 地域銀行は2021年3月期の業績予想に苦慮している。新型コロナウイルス感染拡大の影響を正確に見積もるのが困難なためで、八十二銀行や福島銀行など4行は「未定」とした。千葉銀行や北洋銀行のように影響を織り込まず予想値を開示した銀行も多い。
 地域銀で最も早い5月1日に20年3月期決算を公表した八十二銀は、…

【写真】連結業績予想を「未定」とした八十二銀行の決算短信

2020年5月22日号8面 信金・信組、引当金積み増し、リーマン危機級想定

  • 経営

 3月期決算に反映も
 信用金庫・信用組合で、コロナ禍を受けた取引先の業況悪化を見込み、貸倒引当金を積み増す動きが広がりそうだ。3月期決算に反映させる機関も出てくるとみられる。計上する引当金を手厚くするため、リーマン・ショック時の貸倒実績率を踏まえて算定することなどを検討。特に影響が大きい飲食業などをグルーピングして引当金を積み増す案もある。
 3月ごろから検討が本格化。信金業界では、全国信用金庫協会や信金中央金庫に多くの…

2020年5月22日号16面 特集 大手行5グループの2020年3月期決算、金融の使命果たす「正念場」

  • 経営
  • 特集

 純利益2.4%減・見通し厳しく、与信費用増「有事モード」に
 大手行5グループの2020年3月期決算は、5社計の当期純利益が前年同期比2.4%減の1兆9958億円だった。コロナショックの影響で、予防的な引き当てを含む与信関係費用が大幅に増加。危機の影響が本格化する2021年3月期はさらなる与信費用の増加と業務純益の下押し圧力で、一層厳しい見通しを置く。

2020年5月22日号17面 【地域にスポット】北陸地区16信金、定積集金の効率化進む

  • 預金

 収益重視し自振り提案、コロナ禍で削減加速
 【金沢】北陸地区3県の16信用金庫は、定期積金の集金業務を効率化する動きが広がっている。自動振り替えへの転換で集金を廃止する信金や大幅な見直しを進める信金が目立ってきた。一方で、集金を継続する信金もある。新型コロナウイルス感染拡大の影響で集金活動の縮小を迫られるなか、各信金の定積集金の動向を追った。

2020年5月22日号20面 ワンチーム 統合効果を生かす、第四北越FG白根、共通与信先へ新商品提案

  • 営業店

 総貸出金・前年同月比104%に
 【新潟】第四銀行白根支店(青柳一博支店長=行員21人うち女性7人)と北越銀行白根中央支店(永井哲也支店長=行員12人うち女性4人)は、エリア衛星店の第四銀行月潟支店とともに、第四北越フィナンシャルグループ(FG)白根として活動している。2020年4月の総貸出金平均残高は、前年同月比103.9%の386億円と順調に増加させている。
 2018年10月の経営統合後、両行は近隣店舗同士でパートナー店を組織。店舗業績は2019年度から両行営業店のうち…

 【写真】第四銀行と北越銀行の融資担当者がワンチームとなって活動するため、頻繁に情報交換を行っている(4月16日、第四銀行白根支店)<写真撮影時にマスクを外していただきました>

社説/ニッキン抄

研修企画 (14面)

【2020年度金融ホームドクター養成】
【知識と実践力を磨く】 『FP実践力強化[7]=この先の公的年金相談(3)』
『企業経営力の見方[7]=ロカベン ~営業運転資本回転期間』
『中小企業に寄り添う融資[7]=君にホームドクターのスキルはあるか』
『金融コンプラ[7]=保証の取り扱い(1)』
【金融法務】[7] 同一労働同一賃金
自己診断テスト

※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。

人材育成 (15面)

今週の金融ことば[4] ボラティリティー

レギュラー企画

『寸言』 人を育てる大事さ (1面)=貝守 真一・北陸財務局長
『輝いています』 米国出張の成果を出す (5面)=三井住友海上プライマリー生命 事務企画グループ・鳥山 夏子さん
『東西ペンリレー』 静岡の自然と産業 (12面)=静岡中央銀行社長・清野 眞司氏
『ちょっと一言』 瀬戸内7県で新たな挑戦を (12面)=STU48キャプテン・今村 美月さん
『スマイル』 足を運ぶことの大切さ (20面)=高岡信用金庫・呉座谷 万莉さん
『初支店長(659)』 喜びを掛け算する支店 (20面)=十八銀行 琴海支店長・高橋 耕司氏

企画・特集・連載など

サステナビリティを問う (1面)
 第1部 危機対応(7)
テレワークに課題 浮き彫り
【USA金融事情NOW】 (5面) コロナで知恵絞るバンカー
【マーケット・トレンド】 (5面) [為替]FRBによるマイナス金利導入の可能性は低い
 柴田 秀樹・東海東京調査センター 投資戦略部 金利・為替シニアストラテジスト
[金利]日銀に追加的にできることは何か
 熊野 英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
インタビュー (8面) 宅和・玉島信用金庫理事長
3分野改革で土台再構築
千里眼 <278> (13面) セカンドサイト 代表取締役CEO兼CAO・高山 博和氏
データ分析で課題解決
デジタルバンキング ナビ (13面) 「ハンコ文化」は変わるか
ミドルが拓く 370人の声(18) (18面) 金融機関の将来II、さらなる規制緩和 望む
輝け!フレッシャーズ(8) (18面)
 お客さまに寄り添う
周りへ感謝 忘れずに
三條信用組合・笹川 奈菜子氏
新入行職員日記[7] (18面) 頼まれた時は5W3H確認

ニッキンのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

ニッキンのおすすめ

社説/ニッキン抄

写真を読む

2021年8月27日号1面 【写真を読む】兜町に「経済の心臓」

  • 写真を読む

 「The HEART」と名付けられた心臓がモチーフのキューブ型LEDディスプレーが真っ赤に染まった。8月24日に東京・日本橋兜町に誕生した複合施設「KABUTO ONE」。平和不動産、山種不動産、ちばぎん証券が開催した竣(しゅん)工(こう)式には証券関係者らが参列。「兜町に経済の心臓を作ろう」と思いが込められた新たなシンボルの点灯を祝った。