「ニッキンONLINE」創刊!
 

ニッキン・2020年8月28日号

主な記事

2020年8月28日号1面 メガバンクG、自己資本比率に下方圧力、含み益除けば3社低下

  • 経営

 貸出先の業況悪化を注視
 3メガバンクグループ(G)の自己資本比率に低下圧力が掛かっている。2020年6月末の「普通株式等Tier1比率」は同年3月末比で2社が上昇したものの、有価証券の含み益の寄与が大きく、本紙が寄与分を除いて算出した数値は3社で低下。コロナ禍を踏まえた同比率の低下は各社で織り込み済みだが、既存貸出先の業況悪化にも備える必要がある。
 上昇した2社は、保有株式などの含み益である「その他有価証券評価差額金」が…

2020年8月28日号15面 特集 【地域にスポット】東北地区地銀、広がる地域商社の設立

  • 取引先支援
  • 特集

 地場産業を生かした戦略
 【仙台】東北地区の地方銀行で、地域商社を設立する動きが広がっている。背景にあるのは、人口減少や少子高齢化に伴う地域経済の縮小への懸念だ。農業や製造業など地元が誇る主力産業の販路を新たに開拓することで、地域活性化を目指す。雇用の創出や銀行収益の強化にも期待が集まるなか、各行の取り組みを追った。

 ■山形銀行、全国初の完全出資会社
 地域商社機能は、政府が地方創生の切り札として推進。2019年10月には…

 【写真】全国初の銀行完全出資で設立された山形銀行の地域商社「TRYパートナーズ」の朝礼風景

2020年8月28日号3面 北国銀行、自前でATM開発、新機能とコスト削減

  • 経営
  • ネット・システム

 2021年夏から実証実験
 【金沢】北国銀行は、自前でATMの開発に乗り出す。次世代機能追加とコスト削減の両立が狙い。スマートフォン連動などの新機能を採用する一方で、インターネットバンキング(IB)で代替可能な取引は極力省き、ATMを外部調達している現状に比べてコストを大幅に抑制する。
 地方銀行では前例のないプロジェクトとなる。8月から…

【写真】北国銀行本店

2020年8月28日号4面 MUFG、アジア新興取引獲得へ、草創期から支援

  • 取引先支援
  • 国際

 先進的与信手法を実証
 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、アジア・オセアニア地域で、デジタル技術を活用した「新興プラットフォーマー企業との取引基盤の構築を目指す」(MUFG)。三菱UFJ銀行は2020年内に、審査・融資の先進技術を持つリクィディティ・キャピタル社(イスラエル、LC社)とともに、シンガポールで新興企業向けファイナンスのファンドを8千万米ドル(約85億円)で立ち上げる。
 設立する目的の第1は、新興プラットフォーマーの成長支援を通じた…

2020年8月28日号6面 地域銀行、投信販売額14.3%減、4~6月は対面営業に制約

  • 投信保険

 滋賀銀行はネット好調
 地域銀行の投資信託販売が落ち込んでいる。本紙の調査では、2020年4~6月の販売額は、比較可能な97行ベースで4205億円と前年同期比14.3%減少した。新型コロナウイルスの感染を防ぐため、対面営業を自粛したことが響いた。ただ、個別では株価回復局面の投資ニーズを捉えて4割の39行で販売が伸びた。
 地方銀行の4~6月の販売額は、比較可能な60行ベースで3392億円と…

2020年8月28日号7面 第二地銀協、ウェブで団信申し込み、2商品対象・12月導入

  • ネット・システム
  • 融資
  • 投信保険

 非対面ニーズに対応
 第二地方銀行協会は、業界統一で提供する団体信用生命保険を、住宅ローンの借り入れ希望者がウェブ(Web)で申し込めるようにする。会員行ではローン業務のペーパーレス化が進んでおり、団信契約もこの流れに対応する必要があると判断。12月をめどに取り扱いを開始する。
 対象は、第二地銀協の統一団信のうち日本生命保険が幹事の…

2020年8月28日号8面 信金・信組、定積残高の減少加速、コロナ禍で拍車

  • 預金

 集金廃止も影響
 信用金庫と信用組合で、定期積金残高の減少が加速している。信金は8月末に4兆円、信組は2020年度中に6千億円を割り込みそうだ。コロナ禍で集金からの撤退を決める動きもあり、今後はさらに拍車がかかる可能性もある。
 信金中央金庫地域・中小研究所が集計した信金の7月末定積残高は、…

2020年8月28日号2面 政府、「予防」と「経済」両立後押し、自治体・専門家つなぐ

  • 法令制度政策

 メガ、地域銀も協力
 政府は地方自治体による新型コロナウイルス感染予防と社会経済活動を両立させる環境づくりを後押しする。安倍政権が掲げる「新しい生活様式」への対応を進め、地域経済の耐性を高める狙いだ。国の政策と連携しやすい20の推奨分野を定め、活用を呼びかける。民間の専門家とのマッチングも容易にする「オープンラボ」を設け、自治体を支援する。ラボには一部のメガバンクや地方銀行、損害保険会社が既に参加を決めた。
 2020年度第1次・第2次補正予算に合計3兆円を計上した地方創生臨時交付金を使った…

2020年8月28日号16面 特集 2020年1~6月の事件(下)、行職員の着服37件に増加

  • 社会
  • 特集

 金融機関行職員による着服・横領が後を絶たない。2020年1~6月に判明した内部事件は37件(本紙調べ)で、前年同期比8件増加した。業態別では郵便局が11件と最も多く、地域銀行8件、信用組合6件と続く。年代別では20代が11件、30代が8件、40代が9件、50代が5件、60代が3件と、若手・中堅層の犯行が引き続き目立つ。
 被害金額が1千万円を超える事件は半数超の16件。なかには…

2020年8月28日号17面 関東甲信地区3信保協、コロナ対応資金に注力、陣容や申し込みに工夫

  • 融資

 新型コロナウイルスの感染拡大に対応する国の制度資金を審査、保証する全国の信用保証協会。5月に民間金融機関による実質無利子・無担保融資による資金供給の枠組みが導入されて3カ月が経過した。審査体制の強化や申し込みの利便性向上を図る関東甲信地区3信保協の取り組みを振り返った。

 ■新規先は“分業”
 群馬県信用保証協会(青木勇会長)の「群馬県コロナウイルス感染症対応資金」は…

 【写真】連日、数多くの相談に対応する群馬県信保協本店営業部の職員(6月)

2020年8月28日号20面 ワンチーム 情報提供で信頼構築、長野銀行上田支店、地域活動に積極参加

  • 営業店

 事業性貸出が20%伸長
 長野銀行上田支店(中村邦彦支店長=行員20人うち女性8人。パート4人)は、一人一人の迅速果断な行動と地域密着で成果をあげている。新型コロナウイルス関連では、きめ細かな情報提供を徹底し、事業性融資先281社の約半数の資金繰りを支援。2020年7月末の事業性貸出残高は、前年同月比で全体平均を大きく上回る20.6%伸長して110億1千万円となった。
 事業者支援では、3月中旬に公的支援に関する行員向け勉強会で危機対応意識を高めた。その後、既存事業性融資先に加えて…

 【写真】ささやの米津仁志社長(中央)と宅配弁当のEC事業について意見交換をする児玉諒係長(右、8月19日、長野県上田市)

社説/ニッキン抄

研修企画 (14面)

【2020年度金融ホームドクター養成】
【知識と実践力を磨く】 『FP実践力強化[21]=不動産投資の相談(4)』
『企業経営力の見方[21]=ロカベン ~管理体制への着目(2)事業計画』
『中小企業に寄り添う融資[21]=短期融資の活用法を知っているか(1)』
『金融コンプラ[21]=個人情報保護の取り扱い(1)』
【金融法務】[21] 国連責任投資原則
自己診断テスト

※「金融ホームドクター養成」は過去掲載分も含め、「ニッキン プラザ」でご覧になれます。

レギュラー企画

『寸言』 進化と真価 (1面)=横山 慶一・しののめ信用金庫理事長
『一人一言』 地方創生に覚悟を持って (9面)=秋田県信用組合理事長・北林 貞男氏
『輝いています』 融資部門で1位に輝く (9面)=盛岡信用金庫 仙北町支店 融資係長・佐藤 千佳さん
『東西ペンリレー』 コロナ禍に際してのデジタル化 (12面)=千葉銀行取締役専務執行役員・米本 努氏
『ちょっと一言』 水にこだわり・ブランド確立 (12面)=銀座仁志川 社長・高橋 仁志氏
『日銀支店長』 真摯に聞くことが重要 (17面)=松山支店長・小山 浩史氏
『スマイル』 2カ店兼任の大役担う (20面)=玉島信用金庫・木村 宏美さん
『初支店長(673)』 常に全力尽くす心構え (20面)=尾西信用金庫 木曽川東支店長・伊藤 彰記氏

企画・特集・連載など

サステナビリティを問う (1面)
 第3部 変革に挑む(4)
模索する店舗機能と効率化
【USA金融事情NOW】 (5面) 最悪のシナリオに備える
【マーケット・トレンド】 (5面) [為替]世界最大の経常黒字もユーロ高要因に
 柴田 秀樹・東海東京調査センター 投資戦略部 金利・為替シニアストラテジスト
[金利]今後の景気動向
 熊野 英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
インタビュー (8面) 井倉・福岡ひびき信用金庫理事長
理念と行動が一致する人材を
地域・業域・職域で信頼される
 信組ベストサポーターズ (11面特集)
相談しやすい関係づくり
顧客の立場で解決提案
千里眼 <290> (13面) 行政書士きざき法務オフィス 代表・木﨑 海洋氏
相続・承継、落語で指南
デジタルバンキング ナビ (13面) DXのカギ握る経営層
キャリアを描く(4) (18面)
 -本部の仕事-
上司・先輩としっかり議論を
山陰合同銀行・吉川 昌則氏

ニッキンのお申し込み

購読のお申し込みは、インターネット・FAXで受付けしております。

申込用紙をFAX(03-3262-2838)またはお近くのニッキン支社・局までお送りください。

ニッキンのおすすめ

社説/ニッキン抄

写真を読む

2021年8月27日号1面 【写真を読む】兜町に「経済の心臓」

  • 写真を読む

 「The HEART」と名付けられた心臓がモチーフのキューブ型LEDディスプレーが真っ赤に染まった。8月24日に東京・日本橋兜町に誕生した複合施設「KABUTO ONE」。平和不動産、山種不動産、ちばぎん証券が開催した竣(しゅん)工(こう)式には証券関係者らが参列。「兜町に経済の心臓を作ろう」と思いが込められた新たなシンボルの点灯を祝った。